SDGsへの取組み | 鈴鹿市の物流会社 三重トルキ | 運送、倉庫、流通加工はおまかせ

鈴鹿市に本社をかまえる物流会社 三重執鬼(トルキ)。安全と環境を追求した高品質な物流サービスをご提供します。

トップページ > SDGsへの取組み

SDGsへの取組み


持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。



三重執鬼株式会社はSDGsの実現に「本業」を通じて貢献していきます。SDGsは長期目標であり、当社としては「継続性」が重要と考えます。先ずは、背伸びをせずに本業で出来ることから優先的に取り組みます。次に、取り組みの深化と拡大を計ります。「全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時に、この国の暮らしと経済を支えるライフラインとして地域社会に貢献する。」という経営理念を掲げ、持続可能な社会の実現に向けた活動を積極的に展開しています。




1.環境保護・温暖化への取組

トラック輸送はCO2排出が多く、環境への負荷が大きな事業です。
社会に必要不可欠なインフラとして事業を維持しつつ、環境への配慮が欠かせません。

・CO2削減プロジェクト
地域の学校や家庭などの使用済食用油を回収し、バイオディーゼル燃料を製造、給食等の配送車両に活用することで、CO2排出量を削減し、資源の地域循環を図っています。
・ISO14001認証取得
・ハイブリッド車・エコカーの導入
・エコドライブ運転・アイドリングストップの励行
・事務所照明をLED電灯へ入替
・5S活動の定期的実施



2.安全・事故防止

飲酒運転での事故・高齢者による事故・あおり運転など、交通事故や悪質な運転、
マナーを守らない運転は暮らしの安心を脅かします。
事故を起さないことはもちろん、安全対策にも十分な取り組みが必要です。

・デジタルタコグラフを導入し、ドライバーの運行・休憩時間の適切な管理
・バックアイカメラ・自動ブレーキ・ドライブレコーダー等による事故防止及び安全運転のチェック
・月1回以上の定期的な安全教育の実施
・少人数チーム編成で安全目標を立て、年間を通じて活動。年1回の安全総会で成果発表
・新型コロナウイルス感染症対策の徹底



3.社員が安心して長く働ける職場づくり

従業員が生き生きと働ける環境を作ることが、業績向上の基礎となります。従業員の多様な資質に合わせて、
多様な人材が長く安心して働ける環境を整備します。

・ホワイト経営認証取得
・健康推進事業所認定取得
・在宅ワーク・時差出勤の取組
・女性が働きやすい職場づくりの為の環境改善プロジェクトの推進
・従業員の希望を事業計画に取り入れ、業績に応じて実施
・インフルエンザ予防接種助成
・資格取得支援制度
・長期休業補償制度



4.食品ロス削減運動

食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する「フードバンク」事業は、
食品ロス削減を図る一つの手段になります。

・フードバンクで集められた食品の輸送・配布
フードバンク事業で集められた食品の輸送を担当し、三重県内の社会福祉施設や生活困窮者支援団体、
また、子ども食堂などに配布しています。





お問合せはこちら 059-384-0003